注目されている理由と利用する目的を明確にする

初めて治療を受ける方に

注射器

治療の内容や注意すべきポイントを確認

美容整形外科治療は以前はメスを用いた手術が主流であり、費用も20万円以上は必要でした。現在は美容医療も発展し、切らない整形術も多くなり費用も低額化しており患者が選ぶ事ができます。切らない整形術をプチ整形とも呼ばれ、永久的な効果はありませんが患者負担の少ない治療内容です。ボトックス治療はプチ整形の中でも特に人気で、その背景には注射するだけの治療内容と薬剤であるボツリヌストキシンが副作用がなく安全である事が理由にあります。ボトックス治療は医療現場で痙攣や脳梗塞のリハビリ治療に現在も行われており、疾病の治癒目的の場合は保険適応です。対して美しくなりたいやコンプレックスの解消等の美容目的の治療の場合は保険適応外になります。保険適応外なので自由診療となり、クリニック毎に価格を自由に設定できます。自由に設定できるとしても、全国相場から大きく外れている破格な設定をしていると患者に選ばれませんので、総じて全国相場に合わせてどのクリニックも価格設定を行っています。部位や状態によって費用は変わりますが、1部位3万円から7万円程が全国相場になっています。クリニック毎にパック料金があり、仮にエラと眉間・目尻のしわ及び小顔効果等、1部位だけではないセット料金の場合は1部位毎の料金より安く設定されています。自由診療なので広報活動も自由で、割引制度を作る事すらも自由です。その為多くのクリニックはホームページに副作用やリスクのない事や症例をアップしています。またキャンペーン割引やネット割引、初回割引に会員割引等活用できる費用軽減方法が用意されています。

ボトックス治療は注射器でボツリヌストキシンを注入する医療施術なので、医療機関でしか受ける事ができません。またどの医療機関でもよくはなく、自由診療でボトックス治療を行える美容クリニック等で受ける事になります。美容クリニックはどこでも良くはなく、美容整形術は総じて医師の腕次第で結果は変わってきます。費用は重要ですが、それを最優先とせず安全に治療を受けられる信頼できるクリニックかどうかで判断する事が大切です。費用については全国相場から大きく外れて設定しているクリニックはありませんので、差額は大きくありません。美容クリニックに受診すると必ずカウンセリングが行われます。この際原則として医師がカウンセリングするのですが、クリニックによってはカウンセラーや看護師が行う場合もあります。施術するのは医師なので、自分の希望や状態を正確に把握してもらう為に必ず医師とカウンセリングする事が重要です。ボトックス治療の薬剤は副作用がなく、治療によるダウンタイムもほとんどない安全な治療です。それでも持病や現在服用している内服薬によっては思わぬ副作用が現れる可能性があります。カウンセリングでは医師に持病や内服薬についてもしっかり伝える事が必要です。施術当日も体調に違和感がある際は、遠慮せずに伝えて後日受ける様にする事も大切です。医師も万能ではないので体調や持病、内服薬については患者側から伝えないとわかりません。重大な副作用が生じない様に、リスク回避の観点から隠さずしっかり医師に伝える事は忘れてはなりません。

Copyright© 2019 注目されている理由と利用する目的を明確にする All Rights Reserved.