注目されている理由と利用する目的を明確にする

治療内容と薬剤について

カウンセリング

安全に治療を受ける為の前提知識

美容医療は発展し続けており、現代ではダウンタイムが少なく危険性も低い治療が脚光を浴びています。ボトックス治療はそれらを満たしており、美容医療の中でも特に多く使用され選ばれている治療方法です。ボトックス治療の内容は、ボツリヌストキシンという薬剤を治療したい部位に注射器で注入する施術です。このボツリヌストキシンはアメリカのアラガン社により作られ、現在日本でも厚生労働省も副作用がない安全な薬剤である事を認めています。ボツリヌス菌から抽出される天然のたんぱく質ですが、ボツリヌス菌は食中毒でよく知られている菌です。この神経毒を応用して脳から筋肉に伝達される神経伝達物質を抑制して筋肉の過剰な緊張を緩和するメカニズムになっています。食中毒の原因菌から抽出されたたんぱく質とは言え、食中毒を懸念される方も多いです。しかし治療で使用される単位は非常に微量で、仮にこの注射治療で食中毒を起こそうものなら100回程連続して注入する必要がある程微量であり心配する事はありません。現在では世界70か国以上で保険適応や安全性が認められており、副作用の報告もありません。ボツリヌストキシンを作っているのはアラガン社ですが、現在は特許期間も終わりジェネリックも市場に出回っています。アラガン社製を正規品と呼称され分けられています。日本の厚生労働省が認めているのは正規品のみであり、ジェネリックは認められていません。ジェネリックも正規品と同成分同効果なので安全と言えますが、製造する国の安全基準で作られており、日本の安全基準と異なる為認められていないのです。

ボトックス注射治療は副作用がなくダウンタイムも短い切らない美容医療施術として多くの方に選ばれています。施術直後には効果は感じられず、1週間程から変化を感じて1か月程かけて安定していきます。施術を受けても外見上変わりはないので、周囲の方から美容整形の治療を受けた事を知られる心配はなく、1か月ゆっくり効果が現れるので自然な仕上がりになります。社会人や学生等、日々他者と顔を合わせる必要がある方にも、その日常生活に支障をきたす事なく普段通り生活を送れる治療法です。このボトックス治療で使用される薬剤はアラガン社製の正規品とジェネリックがあります。ジェネリックも副作用の心配はないとされており、薬価も安い事から治療費も正規品の半額以下で受けられます。ボトックス治療の効果は半年程なので、効果を持続させたい場合は定期的に治療を受ける必要があります。正規品で3万円から7万円程なので継続して受ける場合の費用を考えてジェネリックを検討される方も多いです。ジェネリックは正規品の同成分同効果なので問題はありませんが、安全性の基準は製造国基準です。不純物の混入等の懸念がある事も、製造国によって知られています。その為選ぶ際には用意しているクリニックの医師に安全性を十分確認しておく必要があります。クリニックの医師も様々な事から安全と判断して置いてはいます。美容医療は薬剤のみならず医師選びも重要です。美容医療については医学生時に学ぶ事はないので、美容医療業界に移ってから知識も技術も経験します。信頼できる医師かどうかの判断基準は話しやすさもありますが、何よりも経験です。医師の経験ではなく美容医療に携わってこれまでの実績に注目する事が重要です。

Copyright© 2019 注目されている理由と利用する目的を明確にする All Rights Reserved.